Egg Freezing 卵子凍結保存

*概要

 

 

すべての女性は、卵の有限数を持って生まれています。しかし、これらの卵は、時間をかけて正常に機能する能力を失います。その結果、生殖能力の低下は、彼女が将来、子供を作る準備ができているときに、その時点で自然妊娠することが、困難または不可能になったりする事があります。

 

 

今日このことを知って、女性は今、出来るだけ若い年齢での卵 (卵母細胞凍結保存) を凍結し、彼女が望む限り (エッグバンク) それらを保存するを事が出来ます。そして、将来、子供を持つ準備ができた時に自然妊娠が難しい場合などに過去に保存した卵を使って妊娠する事ができます。

 

 

*なぜ卵の凍結?

 

 

女性が自分自身の生殖能力を維持することを選ぶ多くの理由があります。以下が含まれます。

  • 医療。一部の女性には、卵巣機能に修復不可能な損傷をもたらす可能性のある障害や病気があります。例えば、化学療法および/または癌を治療するために使用される放射線は女性や少女の卵巣を破壊します。
  • 個人的な理由。何人かの女性は、キャリアの追求のために妊娠を遅らせたりします。ですので、将来ために若いうちに卵を保存したりします。中には、すでに子供を持っている方もいるかもしれませんが、第二の兄弟を将来に希望するときに若い卵を使用したいなどと理由があるかもしれません。卵の凍結はまた、IVFを通して残った余剰卵を凍結したり、女性やカップルのためのオプションです

 

 

*誰が卵の凍結を考慮すべき?

 

 

  • 自分の将来の家族を作るために彼らの卵を保存したい人。女性の卵巣機能は老化により劣化します。卵は、女性の20代と30代前半で最も健康的で、機能しています。生成される卵胞の数は年齢と共に少なくなります。凍結卵は、高齢で結婚をする予定の女性のための良い不妊治療です。何年もの凍結の後、融解された卵母細胞は ICSI を受け、受精させ、胚は子宮に移植されます。凍結胚で凍結胚盤胞と比較して、凍結卵母細胞(未受精卵)は生存率が低いです。したがって、卵を凍結するための適切な時間を選択することが重要です。通常、我々は MII の段階にある卵母細胞を凍結することを選択します。 統計によると、卵母細胞は MII 段階での凍結は、より高い生存率を持っています。
  • 癌のような深刻な病状を持つ女性は、彼女の卵巣を損傷または彼女の生殖能力を低下させる可能性がありますので、化学療法、放射線や手術などを受ける前に、卵の凍結し将来のために生殖能力を維持することができます。
  • 体外受精 (IVF) 治療を受けている女性は、将来使用するために、胚ではなく卵を凍結することを選択することができます。卵の凍結は、精子が卵の採卵の日に受精のために利用できない場合にもオプションです。
  • 重度の卵巣嚢胞または癌の女性は、卵巣の除去を検討する必要があります。卵巣の除去は、女性がもはや自然に卵を生産することができなくなることを意味します。 子宮が無傷のままの場合は、女性が準備ができているときに妊娠を達成するために凍結卵を使用することができます。

 

 

*卵の凍結手順

 

 

  • 卵の検索

卵の凍結プロセスは、IVF の初期段階と同じです。初めに女性は排卵誘発をします。これは、彼女の卵巣卵胞は、自己投与薬して、より多くの卵を誘発するために刺激します。卵胞は、血液検査や超音波検査を通してモニタリングされ決定されます。一定の成熟度レベルに達すると、医師はその後、経膣超音波誘導吸引を使用して卵巣の各卵胞から卵を採取します。麻酔は、痛みや不快感を排除し、採取効果を高めるために、クリニックの麻酔専門医によって行われます。採卵手術は、30分以上かからない手術です。処置が完了すると、患者は完全に回復するために1日だけを必要とし、その間にいくつかのけいれんが発生する可能性があります。卵が取り出されると、すぐにクリニック内のラボに検査のため運ばれて管理されます。条件を満たす採卵された卵は、その後、ガラス化を介して「急速冷凍」し、タンクに保存します。

 

 

  • ガラス化

グリッド技術を介してガラス化と呼ばれる現在の標準的な凍結技術は、急速にあなたの卵を傷つけることなく、卵を急速凍結をすることができます。
研究は、従来の遅い凍結の凍結卵のより、ガラス化の卵を使用して受精、移植および臨床妊娠率の大幅な改善された成功を示しています。
また、ガラス化卵を用いて体外受精を行った場合、出生時の欠損、発育障害、染色体異常の増加は見られない。

 

 

  • 遅い凍結

従来の凍結技術は、卵の生存率と妊娠率に関しては、非効率的であった。従来の「遅い凍結」では、氷の結晶が卵の中に形成されることが多く、融解過程でいくつかの細胞を破壊しました。低温工学の最近の進歩は、手順に「不凍液」を追加する事を有効にしています。この「不凍液」は、低温保護剤として知られており、細胞が凍結する温度を低下させます。また、細胞の粘度も上昇する。その溶液の温度が急速にダウンしたとき、溶液はガラス化することなく、アナモルフィック氷に変わり、したがって、融解時の損傷の可能性を低減します。

 

 

  • 融解

女性は、結婚し、子供を作る準備ができているとき、彼女は彼女のパートナーまたはドナーの精子のいずれかと、彼女の凍結卵子で受精する事ができます。彼女は受精を助けるために細胞質内精子注射 (ICSI) を選択することができます。卵が受精し、移植のための最もよい胚を選ぶのにアシストハッチング(AH) および移植前の遺伝子スクリーニング (PGS)のような他のマイクロ操作の技術を選ぶことができます。これらの技術は妊娠のチャンスを高めるのに使用されます。

 

 

*利点

 

 

卵の凍結は、不妊治療を維持したい女性のための実行可能なオプションです。卵の凍結とガラス化プロセスは、不妊治療における「ゴールド」標準として考えられています。急速凍結プロセスであるガラス化は、以前の遅い凍結のように、凍結方法で発生した問題を解決し、移植と出産率の両方のより高い成功率につながっています

 

 

研究は、凍結卵母細胞 (または卵) の受精と妊娠率が IVF/ICSI プロセス中に新鮮な卵母細胞を使用して得られた結果と類似していることを示しています。
研究者はまた、凍結卵を使用した場合の出産は、出生時欠損、染色体異常または発達不全の増加につながらない事を発見しました。