TESA 精巣内精子吸引法

*概要

 

 

精巣精子吸引 (TESA) または精巣精子抽出 (TESE) は、精子の検索手順は、男性のために実行されます。針は精巣から精子と組織を吸引するために使用されます。当社の治療から取得した精子は、IVF、IUI および ICSI に使用されます。

 

 

*TESAとは?

 

 

TESA(精巣精子吸引)は、男性不妊問題の治療のための精子抽出の医学的処置である。この手順では、針を睾丸に刺して、ICSI (顕微鏡受精)、IVF および IUI のような生殖の技術のために使用可能な精子は抽出されます。麻酔の管理のもとで、小さな精巣組織と精子が取り出されます。TESAは未熟精子でも卵に活用できる画期的な技術ですが、ICSI の手順を経る必要があります。

 

 

*TESAはいつしますか?

 

 

以下のような条件で実施しております。

  • TESA は、精子の培養レポートや、次のような精液分析テストにおいて、男性が精液またはの問題と診断されたときに実行されます。
  1. 無精子症 (射精中の精子の完全な不在) と非閉塞性無精子症 (異常精子の生産)
  2. 精子減少症 (低濃度の精子)
  3. 精子無力症 (必要な運動性を欠いている精子)
  4. 不定型無精子症(死傷率の高い精子)
  5. 精子死滅症(死んで動かないの精子を持つ状態)
  • 人は、様々な生殖器の手術や問題などの長い歴史を持っている場
  1. 精管切除 (男性の永久的な避妊のための手術)
  2. 少帯切除(裂傷の状態を修正するための陰茎の裂傷の除去)
  3. 陰茎 (陰茎の外科的切除)
  4. 尿道 (男性の尿道を除去するための手術-膀胱と男性生殖器をつなぐ管)
  • 逆行性射精問題の男性 (射精で精子が体の外に出てくるのではなく、膀胱の中に射精が起こっている状態)

 

 

*TESEとTESAの違いは何ですか?

 

 

TESAは、臨床ベースの手順であり、局所麻酔で実施されます。麻酔が確認されれば、針は精巣組織とともに精子を吸引します。

 

 

精子は、研究者によって評価されます。良質の精子は適切な技術を使用することによって、凍結保存される。TESAは、睾丸を通して十分な精子の生産を持っている人のために有効です。切り込みは必要ありません。

 

 

TESEは、局所麻酔の影響下で行われます。しかし、TESEは精巣組織を検査するための小さな切開を必要とする。

 

 

TESEは、TESAと比較して良質で機動性の高い精子を多数抽出しています。この手順は、精子が生産されていることを確信している人には良いですが、経皮的処置に比べて、TESEは、TESAよりもコストがかかります。

 

 

TESE、またはTESAの両方の技術を使用することができます。唯一の違いは、TESEは精巣の外科的生検を含み、TESAは針を精巣に刺して吸引します。

 

 

これらの処置を選択する前に医師に相談します。

 

 

*TESAの手続きの準備方法は?

 

 

精巣の処置を受ける前に、次の問題のいずれかがある場合は、医師に通知することが重要です。

  • 出血がある場合
  • 薬と鎮痛剤も含まれている任意薬にアレルギーがある場合.
  • 定期的に任意の薬を服用している場合、すべての薬についてあなたの医者に伝えることが重要です.
  • ワルファリン、ヘパリン、ワルファリン、アスピリン、イブプロフェンのような血液間伐薬および他の非ステロイド性抗炎症を取っている場合。
  • これらの詳細とは別に、患者は同意書に署名するよう求められ、「処置にかかわるリスクを理解し、それを理解することに同意する」と記載されます。
  • 処置の要件について混乱や懸念がある場合は、医師に相談する必要があります。また、関連するリスクや合併症について明確にすることができます。また、結果について話すことができます。
  • 処置が局所麻酔下で行われた場合、特に何もする必要はありません。しかし、全身麻酔の下で行われる場合、絶飲絶食をしないといけません。医師は処置の前に絶飲絶食の確認をいたします。

 

 

指示に注意深く従うか、指示に従っていない場合は、手術を遅らせるかもしれません。医師は、処置の前に静脈内の血管に(IV) を腕に挿入します。医師はまた、処置の約1時間前に鎮静薬を処方します。

 

 

*TESAはどのように機能しますか?

 

 

TESAの手順は非常に簡単です。

  • まず、患者は全身麻酔/局所麻酔下に置かれます。
    麻酔に続いて、非常に小さく、スポイトがついている吸引針を睾丸のまわりに刺して行われます。
  • 精子および小さい精巣の組織は針を通して抽出され、抽出された精子および組織は実験室に送られ精子処理のために検査されます。

 

 

その後、処理された精子を洗浄し、運動性と健康な精子は、授精のために準備されています。

 

 

*よくある質問

 

 

Q1: TESAの治療を受けながらどのように感じますか?

  • 処置を始める前に、医師があなたの腕に中に注射(IV)を挿入するか、または局所麻酔が与えられたときに少し痛みを感じるでしょう。しかし、あなたはそれから少し経つと痛みを感じることはありません。
  • また、いくつかのあざが発生する可能性があります。
  • また、使用される包帯を通して出血の少量に気づくでしょう。それは正常であり、あなたがどのくらいの出血をしているのかを医者と議論することができます。
  • あなたの医者はまた、痛みと感染の可能性を減らすために鎮痛剤や抗生物質を処方する事ができます。

 

 

Q2: TESAの業績

  • あなたは通常2〜4日で精巣生検から結果を得ることができます
  • 病理医は顕微鏡を通して精子を観察します。そして、病理医は精子の異常を探します。
  • 時々、その精子は正常な状態に思えるかもしれませんが、あなたの精液の分析が完了したら、それは、不在または減少精子と言う事もあります。このような状況は、精巣から尿道へ管の閉塞であり得えます。管は、精管であることが知られています。手術は、いくつかの閉塞の場合に行うことができます。

 

 

Q3: 治療に影響を与える要因は何ですか?

局所麻酔下では、患者がじっとしていることが本当に重要です。患者がそれが困難であると判明した場合、全身麻酔が必要になることがあります。

 

 

Q4: 考えられる影響は何ですか?

精巣生検が行われたとき, 精巣癌の可能性があります。これは、癌が疑われる場合に生検が行われない理由である。

精巣癌の疑いを診断するために、精巣超音波が頻繁に行われます。そして、医師があなたが診断を確認するための癌かもしれないと考えている場合、開いて外科的処置 (睾丸摘出) が行われます。

 

 

*メリットとリスク

 

 

TESAは精子検索の有効な方法の一つである。これは、IVF、ICSI、および IUI などのART(補助生殖技術) の方法で一般的に使用されます。TESAに関連するメリットとリスクの一部を以下に示します。

 

 

TESAのメリット:

  • 容易で、非外科的処置である。
  • それは費用効果が高いです。それは女性に過排卵誘発の高価な注射の必要性を削減します。
  • TESA処置中は、痛みが少なく、血管がないので外傷が少ない
  • 全体の手順はほとんど30-45分程で終了します。
  • もし、あなたが精子ドナーを探していない場合、それはあなたの生物学的な父親であることの喜びを与えます。

 

 

リスク:

  • TESAは、過度の内出血のリスクを伴います。
  • 正常に動作していない場合は精巣組織を損傷するリスクもあります。
  • 精巣内下血 (陰嚢苦痛および外傷) 出血の発生は、TESAにとって潜在的な脅威です。
  • 1つは、TESAの手術後に40度の高熱が出ることもあります
  • 吐き気や嘔吐の感じは、TESAの治療が行われた後、少なくとも数日は続くこともあります。